当院のコロナウイルス感染症対策について    

ただ、これらの対策をとっておりますが、次の症状がある方はご来院の前にまずお電話でご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
  • 発熱やせき症状のある方と接触した方
  • 2週間以内に海外渡航歴のある方
  • 2週間以内に静岡県外へ行かれた方
  • 味覚や臭覚に異常を感じる方
この状況を、皆様と一緒に乗り切っていきたいと考えています。

柴田歯科医院 
院長 柴田幹彦

当院でのコロナウイルス対策まとめ    

    2021.12.15  新型コロナウイルス・花粉症対策を両立させるため、新たに SHARP製の新型空気清浄機を各ユニット全てに設置致しました
  • 常時換気
  • 受付にビニールカーテン設置
  • 患者さんごとのユニット清拭
    (エタノール・次亜塩素酸ナトリウム使用)
  • 治療に使う器具の滅菌。滅菌出来ないものは使い捨て製品使用
  • 1時間ごとの待合室・トイレ・受付の清拭
    (エタノール・次亜塩素酸ナトリウム使用)
  • 職員の出勤前の検温
    (発熱があった場合は出勤停止)
  • 職員の出勤時、食前食後の手洗い、うがい
  • 患者さんの治療前のうがい
  • 待合室の密集対策
    (1日の患者さん予約数の制限)
  • 保育はお子様ごとに保育士のエプロン交換
  • トイレは水洗時蓋を閉めて流す

等、万全を期しております。


ごあいさつ

私たちと一緒にあなたの歯の寿命を延ばしてみませんか

まずは、口腔内をよい状態に回復するために必要な治療を行います。


マイナス1才からの虫歯予防  

赤ちゃんの歯はお母様のお腹にいる頃からでき始めています。生まれてくる赤ちゃんの強い歯を育てるために妊婦中からお口の状態をきれいにしておきましょう。

乳幼児予防(カリエス・口腔管理予防)  

乳歯が全部そろって大人の歯が生えてくるまでの間、虫歯ができにくい生活習慣を身につけ虫歯菌を増やさない努力が必要です。虫歯になったら治療すればいいのではなく、虫歯にならないように歯医者に行くという意識を変えなければいけません。

小学生予防(カリエス・歯肉炎予防)  

小学生になった6~7才頃から永久歯にはえかわります。生えかわりの時期は虫歯になりやすく生えかわりがスムーズに行われず歯並びも悪くなってしまうこともあります。

成人(歯周病のコントロール・機能の維持))  

生涯を健康なお口で過ごしていただくために虫歯と歯周病などを予防し治療してその後再発させないことを第1に考えています。


診療内容


予防歯科とは、病気の発見のみだけではなく、一生自分の歯で噛み、健康で快適な生活を送るための根本的医療です。

小児歯科では、お子様の虫歯予防、虫歯の治療などを行います。小児歯科は一般歯科とあまり変わらない治療内容のように見えますが、実際は成人の患者様に行う治療とお子様では、大きな違いがあります。


矯正治療は「子供だけの治療」と考えている方も多いと思いますが年齢に関係なく悪い歯ならびが治療の対象となります。

見た目の美しさを追求した詰め物やかぶせ物、差し歯などは日々さまざまな材質による新しい商品が開発されています。


メルマガ会員募集中    

柴田歯科医院のメールマガジンを配信しています。

ご登録(無料)していただきますと、 臨時休診など、当院からのお知らせを定期的に配信いたします。

ぜひ、ご登録くださいませ♪

登録方法  

空メール送信後、メール会員登録完了のお知らせが届かない方は、ドメイン指定受信の設定がされていないかご確認ください。


ご予約・お問い合わせはこちら
0800-200-1844
ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。